外来案内 | 個人情報保護指針
お問い合わせ:045-391-0166
外来自動予約:045-360-9669

鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)

経鼻内視鏡写真

胃内視鏡全般の説明はこちら

最近、鼻から5mm程度の細い内視鏡を入れて胃の中を見る技術が開発され、楽で負担の少ない胃カメラとして注目されています.右の写真の通り、確かに細くて鼻から入りますからオエッとなることの少ない優れた技術です.当院でも先端径4.9mmの経鼻内視鏡を常備しており、若くて喉の反射が非常に強い方、ご高齢の方などにお勧めしております.

経鼻内視鏡の良いところ

経鼻内視鏡の特徴である「鼻から入る」ことには患者さんにとってどんなメリットがあるのでしょうか?

経鼻内視鏡図

まず、右の図のように敏感な舌の根っこの部分に内視鏡が当たりにくいため、オエッとなりにくいことが挙げられます.また、通常の内視鏡では咽頭麻酔を行いますが、検査が終わった後もしばらくはのどが麻痺した状態になり、かなりの違和感があります。経鼻内視鏡では咽頭麻酔はごく軽くで充分なので、内視鏡終了後すぐご飯を食べることもできます。

次に、内視鏡が口を塞がないため検査中でも会話ができること(あまり話したい気分にはなれませんが…)、通常鎮静剤を使わなくて済むので、検査終了後の休憩が不要で車を運転して帰れることなどがメリットとして挙げられます(どうしても恐怖感の強い方は鎮静剤を使用することもできます)。

経鼻内視鏡の良くないところ

一方で欠点もあります。細いがゆえにCCDカメラの性能が最新の高性能内視鏡と比較すると明らかに落ちること、細胞を取るための器具(生検鉗子)も細くて小さいので充分な量の組織を採取できないことがあることなどです。通常の口からの内視鏡でも、少量の鎮静剤を注意深く使用しながら熟練した医師が検査を行うことで「意外に楽に済んだ」とおっしゃる患者さまも多くおいでになります。患者さまの状態やご希望に応じて最適な方法を提案させて頂きますので、遠慮なくご相談ください.